眠っても疲労が取れない

先生

夜間の睡眠時間が十分に取れない事から起きる慢性疲労症候群です。本人の自覚がほとんどないものです。周りの人が、異変を感じたら診察に行くように促すことが必要になるのです。夜間睡眠しているつもりですがマラソン並みの運動量があるのです。

若者に多いガン

看護師

10代や20代が多く罹るガンといえば、骨肉腫が挙げられます。この病に罹ると強い痛みが現れるようになりますが、筋肉痛と間違えてしまい、病を進行させてしまう恐れもあるので注意が必要です。治療では患部の摘出や抗ガン剤の使用といった、ほかのガン治療と同じ方法が用いられます。

負担のないレーザー治療

病棟

大阪のクリニックでは、多くの女性が悩む下肢静脈瘤を治療してくれます。見た目の悪さや足のだるさの元となるこの下肢静脈瘤を、大阪のクリニックではレーザーを使用して治療します。メスを使っての治療とは違い、傷跡も残らず体への負担も少ないとして、多くの人が治療を受けているのです。

高齢者に多い病

男性

年齢を重ねると多くの人が負担に感じるのが、腰の痛みでしょう。腰の筋肉の衰えや、長年の姿勢の悪さによって骨格が歪み、たびたび強い痛みが現れるようになります。しかし、高齢の人が罹る腰の痛みは骨格の歪みだけではなく、実際は別の病気である場合もあるのです。高齢の人が罹りやすい腰の病として、脊柱管狭窄症と呼ばれる症状が挙げられます。脊柱管狭窄症とは、背骨の中にある脊柱が変形することによって引き起こされます。椎間板や椎体が変形、または膨張することで神経が圧迫され、つらい腰痛が引き起こされるのです。通常の腰痛との違いは、神経が圧迫されることで足の痺れが現れることでしょう。足に痺れるような痛みや感覚が現れ、歩行も頻繁に休まなければ行なえない状態となれば、この脊柱管狭窄症に罹っていることが考えられるのです。この脊柱管狭窄症を治療する場合、神経を圧迫する錐体や椎間板を削る手術を行ないます。外科療法での治療となりますが、こうした治療は高齢である場合体への負担が問題となる場合もあるでしょう。外科療法での治療のほか、手術が困難な人や症状が軽い人であれば、理学療法による負担のない治療も行なえるので、誰でも安心して治療が受けられるでしょう。

脊柱管狭窄症以外にも、年齢や性別によって引き起こされやすい病は多くあります。若者に多い病である骨肉腫は、進行するとほかの部位へと転移する恐れがあるので、初期の内にすぐ治療を受ける必要があります。比較的体への実害が軽い慢性疲労症候群は、心療内科での治療が効果的です。ホルモンによる影響が関係していることも考えられるので、内科でのホルモン治療も利用ができるでしょう。下肢静脈瘤は女性に多い病ですが、大阪のクリニックが行なうレーザー治療によって足に傷を付けず治療ができるため、どの女性も気軽に治療を受けることができるでしょう。